薄茶一服

夜8時、ある企業の方々が12名いらっしゃいました。

女性はおひとり。あとは男性ばかり。
薄茶を一服、燭台のあかりのもとで楽しんでいただきました。
雨のため残念ながら露地をわたっていただけなかったのですが
しとしと降る音を背景に、暗がりのなかでいただく薄茶は
格別のものがあります。
はじめて薄茶をいただかれた方もいらしたようでした。
弘道館では、お茶の体験をとおして、日本文化の深奥を知っていただく場を提供しています。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

日々 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。