本日の弘道館(節気:白露)

本日、9月7日は、二十四節気の白露(はくろ)です。

昼夜の気温差が大きくなり、
朝方には庭の苔にもしっとりと露ができる頃です。

今日は、お昼前から降り出した雨のおかげで、
静けさがただよっています。

本日も、写真を多めにお届けします。

今日は曇り空ですが、薄い雲を透かして太陽の光が草木まで届いています。
路地は、柔らかい光に包まれ、所々にできた小さな水たまりが美しく反射しています。

弘道館のお庭

足元を見ると笹の光沢と、苔が作り出す複雑な造形が
なんとも言えない対比で、雨のお庭を演出しています。

京都弘道館の笹と苔

力強く大きな幹を伸ばす赤松は、見上げるたびに景色が変わります。
曇り空を背景に、自然が描いた水墨画のようです。

京都弘道館のお庭を見上げて

いまは、雨脚が少し落ち着いてきました。

お庭の景色は、季節や天候と共に色や姿を変えて、
見る人を楽しませ、もてなしてくれます。

京都弘道館のつくばい

今日、最後の写真は、室内から。
庭の薄い光に照らされて、風炉釜が美しい曲線を見せてくれました。

京都弘道館の風炉釜

随時、館内の見学も受付しております。

見学の際、呈茶をご希望の方はお気軽にお申し出くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

(写真・文責:亀田)

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。