2017年7月の弘道館のみどころ(予定一覧)

7月は、定期的な講座・勉強会に加えて、毎回人気の講座「吉坊のゆらり咄」
この季節ならではの「祇園会の茶」を開催します。

また、秋に開催される京菓子展「手のひらの自然—小倉百人一首」2017
デザイン公募を開始いたしました。
京菓子展・デザイン公募に向けて百人一首勉強会や、
和歌を絵で表現するワークショップを開催します。

みなさまのご来館を心よりお待ちしております!

京菓子展のデザイン公募を開始しました!

募集期間:2017年7月1日(土)~年8月31日(木)
テーマ:「小倉百人一首を通して表現される小さな芸術」
https://kodo-kan.com/kyogashi/
※その他詳細はWEB・チラシをご覧ください。

DSCF8018

7月1日(土)吉坊のゆらり咄

★テーマに沿った落語とトークが楽しい企画です!
○落語:桂吉坊「ツメ人情」
今回の落語は、落語作家 小佐田定雄先生が桂吉坊氏の為に書いた作品「ツメ人情」を上演いたします。
○トーク:桂吉坊・木ノ下裕一
落語「ツメ人情」と芝居「絵本太功記十段目」をテーマに桂吉坊とゲスト木ノ下裕一が語りつくします。
時間:18:30~20:30(18:00より呈茶)
参加費:3,500円(茶菓子込み)

7月8日(土)講座・茶事はじめ

茶事のお客をマスターしよう!
第3回の今回は「濃茶」を学びます。

講師:高田宗真 時間:13:30~15:00
参加費:5回 55,000円

7月8日(土)講座・信仰からみる京都 湖南とその周辺

京都の歴史を縦横無尽に楽しむ人気講座!今回のテーマは「湖南とその周辺」です。

講師:太田達 時間:11:00〜12:30(10:30より呈茶)
参加費:2,000円

7月9日(日)祇園会の茶

祇園祭をテーマにした室礼の中での茶会を楽しみましょう。

時間:(午前)11:00/(午後)13:00 参加費:3,000円

7月15日(土)・7月23日(日)百人一首勉強会

百人一首の和歌をみなさんとご一緒に読み解きます。
講師:太田達 時間:13:00〜14:30 参加費:1,000円

7月16日(日)勉強会・皆川淇園を読む 淇園文集初編巻之一(1)

学問所「弘道館」をひらいた皆川淇園について学ぶ講座です。
講師:松田清(京都大学名誉教授)
時間:14:00~16:00
参加費:2,000円

7月18日(火)講座・京菓子専門講座Ⅴ 百人一首からの菓子造形

秋に開催される京菓子展2017にむけて、和歌と菓子の関係性を紐解いていきましょう!

講師:太田達、杉山早陽子
時間:15:00~16:30
参加費:問い合わせください(原則、全6回のお申し込みとなります。各回茶菓子付)

7月18日(火)講座・茶の湯文化を識る 番外編・花街史

7月からは舞妓・芸妓のルーツといもいわれる「茶汲女・茶点女」をはじめ
花街の視点より茶の湯をまなびます。
講師:太田達
時間:13:00~14:30(12:30より呈茶)
参加費:2,000円

7月20日(木)勉強会・九条武子の会

大正期から昭和初期に活躍した京都出身の歌人、
大正三美人にも数えられる九条武子の歌集を読みましょう!
時間:18:30~20:00
参加費:1,000円

7月21日(金)講座・能あそび

あらゆる伝統芸能の基底となっている能。
能を知って、日本文化のとびらを開きませんか。
講師:林宗一郎(観世流シテ方能楽師)
ゲスト:金剛流 山田伊純
時間:18:30~20:00(18:00より呈茶)
参加費:3,000円(茶菓子付)

7月22日(土)ワークショップ「和歌を絵で表現してみよう」

伝統的な菓子の意匠を学びながら、和歌の世界を一緒に表現していきましょう!
講師:河原尚子、太田達 時間:13:00〜15:00 参加費:2,000円

7月23日(土)講座・江戸時代の教養を考える

江戸時代の学問所ならではの実践講座!
ご一緒に「茶書」を読み、「謡」をうたってみませんか。
時間:16:30~17:50 第1部「茶書をよむ」
18:00~19:00 第2部「お謡をうたってみよう」
参加費:3,000円(学割等あり)1部のみ、2部のみ2,000円

なお、弘道館では、建物保存活動の一貫として、ご見学を受け付けております。
苔の美しいお庭と館内の季節のしつらえを、お茶とお菓子とともにお楽しみいただけます。
ご予約の上お越しいただきますとより安心です。
是非、お越し下さいませ。

お知らせ 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。