本日の弘道館(節気:芒種)

本日、6月5日は、二十四節気の芒種(ぼうしゅ)。
青色の梅が、黄色く色づき始める季節です。

芒種の日の菓子
(本日のお菓子です)

「芒」という漢字は、五芒星(星)、六芒星(三角を2つ重ねた形)にも使われていますが、
その意味は、イネ科の植物の小穂の先端にある棘状の突起のこと。だそうです。
「物の細くとがった先端」という意味もあるそうです。

また一方で、1文字で「芒(すすき)」という秋の季語となります。

そこで、芒種というと、イネ科の種を撒く季節といわれています。
実際にはもっと早い時期に種まきは行われています。

 

本日の弘道館。
庭の石榴(ざくろ)の木には、たくさんの花が咲いております。

芒種の日の庭・ざくろ

講座のご参加や館内・お庭の見学は
お気軽にお問い合わせくださいませ。

(写真・文責:亀田)

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。