近日開催の講座・茶会・催し

    開催情報をもっとみる

    お知らせ

    お知らせをもっとみる

     

    有斐斎 弘道館とは

    有斐斎弘道館(ゆうひさい こうどうかん)は、江戸中期の京都を代表する儒者・皆川淇園(みながわきえん/1734-1807)が創立した学問所です。淇園は開物学という独自で難解な学問を創始する一方、詩文や書画にも優れた風流人で、門弟3千人と言われました。2009年にマンションになりかけたことから有志により保存の声があがり、2013年に公益財団法人となりました。建造物ならびに庭園を保存するとともに、現代における学問所の再興をめざして、活動を続けています。

    有斐斎弘道館について

     

    有斐斎 弘道館の運営にご協力ください。

    有斐斎弘道館は、近年、御所周辺で急激に姿を消しつつある京屋敷を保存し、その景観や文化を守ろうとする有志によって運営しています。
    江戸後期から大正にかけて建てられた弘道館の建物は、修復も必要としています。

    ご協力いただけるかたちはさまざまです。
    1. 基金への寄付(税法上の優遇措置が受けられます。)
    2. 有斐斎弘道館の開催する講座/茶会への参加
    3. 専門知識・技術の提供(例:庭、建物など)

    ひとりでも多くの方のご賛同、ご協力をお願いいたします。

    寄附/支援について