水無月茶会

 先日、6月19日は「水無月茶会」が行われました。
毎月、趣向を変えて行っている弘道館のお茶会ですが、
今回は、篠笛の魅力を広める活動をなさっている「民の謡(たみのうた)」さんと
コラボしました!

午前11時、お茶会の受付が始まると同時に、篠笛の演奏が行われました。
20分ほど、弘道館の建物全体に、篠笛の朗々とした音色が響きわたりました。
幸いに、この日は天気がそれほど崩れることがなかったため、
気温は上昇していましたが、篠笛の音色を聴いていると不思議と涼しく
感じられるようでした。
この日は、篠笛体験もしていただけるということで、
演奏終了後、多くのお客様が「民の謡」の方に演奏方法を習っていました。

演奏の後、受付をした順にお茶席に入っていただきました。
お床には沙羅双樹のお花が飾ってありました。
沙羅双樹というと、『平家物語』の冒頭文を思い出された方も
多いのではないでしょうか。

今回のお茶会では、演奏に合わせてお越しいただいた方が多かったようです。
梅雨によって、鮮やかな緑色になった苔が覆う庭を見、
涼しげな篠笛の演奏を聴き、
ゆっくりと味わうお茶は格別の味だったのではないでしょうか。

「民の謡」さんのHPに、詳しく掲載していただきました。
写真も多くアップしていただいております。
ぜひご覧ください。
http://ameblo.jp/taminouta00

「民の謡」さんHPはこちら
http://www.taminouta.com/

次回は、

7月17日(日) 11時~15時
「祇園祭の茶」

と題して開催いたします。
山鉾巡幸当日、疫病退散を願いつつ、
ふらりと弘道館へお立ち寄りください。

お待ちしております!

(まつだ)

イベント 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。