「手のひらの自然 蕪村と若冲 京菓子展2016」を振り返って

「蕪村と若冲」をテーマに開催しました本年の京菓子展は、11月6日をもって盛況のうちに終了いたしました。

会期中、本会場である「有斐斎弘道館」には900人近い方がお越しになり、ときには京菓子職人による解説に耳を傾けながら、”京菓子の新しい世界”を体感していただきました。また、本年初めての試みであった、特別会場「世界遺産 二条城(二の丸御殿)」の展示は、日本はもとより世界各国の多くの方々に京菓子の魅力にふれていただく機会になったものと思います。

この京菓子展はデザインを幅広く公募しており、本年は373点の応募作品から選ばれた37作品(デザイン部門12点、実作部門25点)が会場に並びました。

この度、ご高覧賜りました皆さま、並びにご応募いただいた皆様には、この場をお借りしまして厚く御礼を申し上げます。

今回、会期中にいただきました貴重なご意見は今後に役立ててまいります。2017年も新たなテーマを設定し、京菓子展を開催いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

_mg_3232

(撮影・久保田狐庵)

■フェイスブックにて入選作品を1日1つずつ連載形式で紹介中です

https://www.facebook.com/kyogashi/

■本年の受賞作品の紹介

http://kodo-kan.com/kyogashi/index.php?Award

京菓子展 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。