有斐斎 弘道館のブログ

江戸中期の儒者皆川淇園の学問所「弘道館」址に建つ邸宅と庭を守り、京文化を伝える活動をしています。

本日の弘道館(節気:穀雨)

本日、4月20日は二十四節気の穀雨(こくう)です。 穀雨は春季の最後の節気で、穀雨を過ぎた頃から、 雨の日が多くなり始めます。 今日は、午後からゆっくりと曇り空に。 まさに、春雨が百穀を潤し始めるような空模様です。 こち… もっと読む »

緻密で様々な技術を駆使した、帯の世界

帯を楽しむ20170409-1

ちょうど桜のおり、年に2回の催し、「帯を知る、帯を楽しむ」が開催されました。 今回は12回目となり、「染の織もの、縫いの織もの」をテーマに 西陣の織元さん8社が参加してくださいました。 多様な技に誇りをもつ西陣の職人さん… もっと読む »

本日の弘道館(節気:清明)

本日は、二十四節気の「清明」です。 清浄明潔(しょうじょう・めいけつ)という言葉を略したもので、 草木が一斉に芽吹き、万物が清々しく明るく美しい季節です。 また沖縄では、シーミー(清明祭)という、お墓の前に親族が集って、… もっと読む »

京菓子展 2017のテーマを発表します

京菓子展

毎年恒例となっている、弘道館の京菓子展。 昨年の京菓子展は、「蕪村と若冲」をテーマに、 本会場が弘道館、特別会場として世界遺産二条城で展示を行いました。 例年にも増して多くの方々にご覧いただけることとなり、 京菓子という… もっと読む »

春分の弘道館

IMG_0714

「日天の中を行て昼夜とうぶんの時なり」 春分の日は、昼夜の長さがほぼ同じになるとされています。 ソメイヨシノよりも一足早く、弘道館の桜は咲き始めました。 弘道館のお庭の苔も、この頃から徐々に色づき始める頃合いです。 日ご… もっと読む »

2017年3月の弘道館のみどころ(予定一覧)

tsukubai201703-2

こんにちは。弘道館です。 3月は年度の締めくくり、そして、新しい年度に向けて 準備や支度のため、外出する機会が増えますね。 日差しも暖かくなってきて、少しずつ活気を感じます。 有斐斎弘道館のお庭の苔たちも、日に日に表情を… もっと読む »

「江戸時代の教養を考える」を聴講して

ちゃかぽん講座の譜面

能の謡を初めて体験しました。 初めて見る譜面、リズムに戸惑ってばかりでしたが、とにかく最初は大きな声を出すようにと教えていただき、 少し気を楽にできました。 先生の後について少しずつ謡っていって、最初は譜面ばかりみていた… もっと読む »