桜 吹 雪 / 羊羹製

 
         桜花 散りかひくもれ 老ひらくの
          来むといふなる 道まがふがに
              
                     在原 業平(古今和歌集)
  (桜の花よ 辺りが花びらで曇ってしまうくらい散りなさい
    老ひがやってくるという道が分からなくなるように)
 時の権力者、藤原基経の四十の賀の折に業平が詠んだ詠です。
 花びらが散り、一面桜色になってゆく様子を、錦玉羹と吉野羹の流し
合わせで表現しました。

弘道館のちいさな菓子展 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。