講座「天皇からみる京都」がはじまりました

太田達の講座「天皇からみる京都」がスタートしました。

これまで6年にわたり、京文化の奥深さをお伝えしてまいりました。
毎回、「どんな角度からみれば楽しいだろうか」「どんな側面から切り取れば京都が見えてくるかな」と、工夫しています。
前回まで2年にわたり「宗教」「信仰」という側面から見てまいりました。
さすがは千年の都。文化の多層性、多様性を読み解くには、いろいろな視点から見ていかなければなりません。「宗教」「信仰」はほんとうに有効な手段でした。というより、これを知らなければ、京都はまったくわからない!といってもよいと思います。
みなさん、少しは見えてきましたでしょうか・・
今月からはじまる「天皇」も、時代を読む素敵な時間になればと思っています。
折しも、現代の皇室でも宮家の問題が浮上しております。
政治の問題、世界情勢・・ 
歴史をひもとけば、さまざまなことが見えてきます。
ぜひご参加ください!

講座 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。