忠臣蔵茶会×講談(満席です)
テーマ 「二度目の清書」「義士の門外」

南青さんからひとこと

有斐斎弘道館の歳末恒例企画

討ち入りの日、吉良邸では茶会がひらかれていました。
吉良上野介は茶道ト一流の家元でしたが、大石内蔵助も茶人、大高源吾も茶人ー

忠臣蔵を知らずして日本文化を語るなかれ。
講談を聴かずして歳を越すなかれ。
ほろり涙しながら、一碗のお茶をしみじみあじわうひととき。

開催日2018年12月15日(土) 終了いたしました
時間開始:10:00 終了予定:
出演旭堂南青(きょくどうなんせい)改め、旭堂南龍
参加費3500円(茶菓子付)
申込方法満席です。キャンセル待ちはお問い合わせ下さい
会場有斐斎弘道館
住所〒602-8006 京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1
地図を表示

お申し込み

1 申し込み内容をご確認ください。

開催日:2018年12月15日(土)
開始時間:10:00 終了予定:
参加費:3500円(茶菓子付)

終了いたしました。

次回の開催情報をご希望の方は、メールマガジンにご登録いただきますようお願いいたします。

■ メールマガジンの登録はこちら

メールアドレス