忠臣蔵 講談×茶
有斐斎弘道館の歳末恒例企画

「赤穂義士傳 赤垣源蔵 徳利の別れ」

大義の為、心に泣けど顔には一滴の涙こぼさず
兄弟が別れる元禄十五年十二月十三日

討ち入りの日、吉良邸では茶会がひらかれていました。
吉良上野介は茶道ト一流の家元でしたが、大石内蔵助も茶人、大高源吾も茶人ーー
忠臣蔵を知らずして日本文化を語るなかれ。
講談を聴かずして歳を越すなかれ。
ほろり涙しながら、一碗の茶をしみじみあじわうひととき。

開催日2016年12月11日(日) 終了いたしました
時間開始:11時/13時(*11時の部は満席となりました) 終了予定:
出演者旭堂南青(講談師)、太田宗達 ほか
参加費3,000円(茶菓子付)
申込方法ウェブ、メール、電話にて開催日の5日前までにご予約ください。
会場有斐斎弘道館
住所〒602-8006 京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1
地図を表示
ちらしちらしのダウンロード
  • 忠臣蔵茶会2016講談×茶
  • 忠臣蔵茶会2016講談×茶

講談師 旭堂南青(きょくどうなんせい)

1980年兵庫県生まれ。上方講談師。近畿大学文学部卒。2004年に旭堂南左衛門に弟子入り、南青となる。NHK、奈良テレビなど出演多数。高校での教育活動や、2014年フランスパリにてフランス語南京玉簾で好評を得るなど、多彩に活躍する。現代もっとも注目されている若手講談師である。

お申し込み

1 申し込み内容をご確認ください。

開催日:2016年12月11日(日)
開始時間:11時/13時(*11時の部は満席となりました) 終了予定:
参加費:3,000円(茶菓子付)

終了いたしました。

次回の開催情報をご希望の方は、メールマガジンにご登録いただきますようお願いいたします。

■ メールマガジンの登録はこちら

メールアドレス