お客様の声

12月14日(土)、「忠臣蔵茶会」に参加いただいたお客様の声をご紹介いたします。

今までいなかなかいけなかったけど、弘道館の忠臣蔵茶会。
南龍さんの講談三つ堪忍だっけ。
おもしろいところで止めるんだなぁと、講談初心者は思う。

本当に忠臣蔵というのは、忠臣蔵に寄せてさまざまな日本人の
人生や価値観を膨らませることができて、
またそれを共有できる(少なくとも今は)不思議で貴重な話・舞台・芸能か。

お茶会は動く(生きている)展覧会。
お軸やお道具、茶器も御菓子も作法も、すべて内包するしつらい。
これも世界的にも稀有だと思う。

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。