言語学・中国語学から皆川淇園を遠望する

有斐斎弘道館は、皆川淇園が設立した学問所「弘道館」にならい、現代に必要な、文化芸術による<知>を再生するための、新たな学問・文化サロンとして、茶事や講座をはじめとする、さまざまな事業を行っております。
このホームページでも皆川淇園にまつわる研究や情報を発信していきたく思っております。研究・情報発信の一環として、京都大学中国語学中国文学研究室(日本学術振興会特別研究員PD)の濱田氏の協力を得て、本記事を掲載いたします。どうぞよろしくお願いします。


言語学・中国語学から皆川淇園を遠望する:一門外漢の随想(仮題)
濱田武志 HAMADA Takeshi

1.開物学と言語学

皆川淇園の広範な学問の一つに、「開物学」がある。あまり聞きなれない「開物」の語を辞書で調べれば、「開物」は『大漢和字典』(大修館書店. 第2版)に「物を開く、開発する」とあり、中国語の辞書『新華字典』に「万物の道理に通暁すること」とある。最古の用例は、『易経』繋辞上に見られる「夫易開物成務、冒天下之道。(そもそも易とはあらゆる事物を開発しあらゆる事業を成就し、天下の道を覆いつくす。)」(和訳は高田真治、後藤基巳訳『易経』下. 岩波文庫による)である。他によく目にする「開物」の用例には、明末の宋王星の産業技術書『天工開物』の書題が挙げられようか。皆川淇園の述べる「開物」は、言葉の形(音)と言葉の指示する対象との間の関係を論ずる、という意味を持つ。「開物」の厳密な語義はともかく、事物の本質を追究するという点に於いて、易占であれ技術であれ言語であれ、対象ごとに厳密に言葉遣いを区別する強い動機は前近代の学問に於いては無かったのであろう。

さて、現代で言葉を論ずると言えば、言語学である。ところが、今日の言語学者にとって皆川淇園の開物学は、容易には接近し難い。今日の言語学は、語(word)の形式と意味とが、基本的には必然的な結びつきを持たないと考える。例えば、「イヌ」という概念が日本語で「inu」という音で表されるのは社会的・習慣的に決定されており、言語音と概念との間に必然的な結びつきを認めない、という考え方である(オノマトペによる音表象など、例外はある。日本語母語話者にとっては、サラサラとザラザラ、トロトロとドロドロのような、清音と濁音の語感の違いは自明である)。dogなりHund (ドイツ語) なりgǒu (中国語) なり、各言語でイヌの呼び習わし方が互いに異なるのは当然ということになる。

皆川淇園が依る「開物学」の立場では、語の音がその意味と何らかの関連性を持つと考える。この点で言語学と開物学とは、根本的に相容れない。言語学と皆川淇園の開物学との関係は、一方がもう一方を完全否定するようなものというよりは寧ろ、論理の前提(出発点)が違うので、対話がそもそも成り立ちにくいのである。

そんな皆川淇園が、言語学に関連する書物に序文を残している。18世紀に活躍した文雄という学僧の著した『磨光韻鏡餘論』である。文雄は「音韻学」(=漢字音の歴史の研究)に通じ、『韻鏡』という重要な文献について様々な研究を行っている。そんな文雄の著作に対して皆川淇園は「自分とは意見が相違している部分があるが、請われたのでやむを得ず序文を書いた」という、些か屈折した言葉を残している。この逸話について考える切り口として、『韻鏡』を立脚点に当時の音韻学について簡単に述べておきたい。

2.音韻学と皆川淇園

『韻鏡』とは、隋・唐代の中国語の発音一覧表、「等韻図」である。等韻図は日本語の五十音図に相当するものだが、中国語は日本語よりもはるかに音の作りが複雑――日本語は五十音だが、『韻鏡』は約三七〇〇――なので、図は全部で43枚に及ぶ。ちなみに、『広辞苑』には「韻鏡十年」という言葉が収録されている。『韻鏡』の難解さが、推して知られよう。

正確な年代は分からないが、『韻鏡』伝来は鎌倉時代に遡るようである。その難解さに神秘性が見出されたためか、室町時代には『韻鏡』は五行思想とも結びついた「人名反切」、つまり姓名判断の卜占に多く用いられていたようである。享禄元年(1528年)に最初の刊本が出て以降、『韻鏡』はより広く世間に知られることとなり、研究は目覚ましく進展していった。かくして、「漢字音を明らかにするという」という本来の用法で、『韻鏡』が再び用いられるようになった。

江戸時代――少なくとも皆川淇園の時代――の文人たちには、この『韻鏡』を基礎とした音韻学の知識が広く共有されていた。所謂「外郎売の科白」にも『韻鏡』に関わる術語が出てくる。「アワヤ喉、サタラナ舌に、カ牙、サ歯音、ハマの二つは唇の軽重、開合さわやかにアカサタナハマヤラワ、オコソトノホモヨロヲ」という一節のうち、ルビを振った術語は全て『韻鏡』に現れる。庶民の娯楽である歌舞伎に『韻鏡』の術語が出てくる位である。当時の音韻学は広い裾野を持っていたことであろう。

江戸時代は斯くの如く音韻学が発達した時代である。皆川淇園の開物思想が、高度の音韻学的知見を参照しつつ構成されていたことは想像に難くない。皆川淇園自身の言語観についての先行研究はある。だが、皆川淇園が文雄の論のいかなる点について承服し兼ねていたのか、皆川淇園が果たして音韻に対してどのような考え方を持っていたのか、詳細な議論は未だないようである。ただ、音そのものを独立的に捉える、現代の言語学にも通ずる文雄の考え方は、皆川淇園にしてみれば色々と言いたいこともあったであろうことは想像に難くない。かくも立場の異なる文雄に皆川淇園が序文を寄せたという事実は、当時の文人の交流のありようを知るための一つの手がかりとなるやも知れない。

今日では、皆川淇園は言語学や音韻学の学者と見做されることは少ない。皆川淇園の言語論は、現代の言語学者には異なる世界の住人であるし、思想史・哲学史を本務とする研究者には音韻学の敷居は高い。開物学の扱う範疇は、現代では複数の学問領域に分かれているが、皆川淇園にとっては単一の厳然たる体系を持ったものであった。かかる巨大な先人の学問に触れると、学問の融合とは学術成果の表層的な借用関係によって達せられるのではなく、諸学の理の根本にある共通性を再び知ることによって、自ずと道が切り開かれるのではないかと思わされる。学問を融合させるのではなく、学問の根本が既に融合しているのを再発見するという、そんな考え方もあるのではないだろうか。

3.『韻鏡』と日本

さて、ここまで話題にしてきた『韻鏡』だが、実は中国に於いては早くに亡佚して伝わらなくなってしまった。故郷で失われた『韻鏡』は、世界でただ日本に渡ったものだけが保存されていた。それが清朝末期、来日した清人が永禄七年(1564年)の刊本を中国に持ち帰り『古逸叢書』(1884)の一つとして上梓されたことで、『韻鏡』が「再発見」されたのである。明末から古音学の蓄積があった中国では、その価値は直ちに認められた。何かと物持ちが良いのは日本の美風の一つであるが、それが独り日本のみならず、国外の学術にも寄与した格好である。ちなみに先に述べた『天工開物』もまた、亡佚こそしていなかったものの、大陸での影響は小さく、却って日本の学問に大きな影響を与えた文献である。

海を挟んで積み重ねられた音韻学の知識は、今日の中国語学の基礎を構成する。伝統的な音韻学の知見は、過去の音を明らかにするばかりでなく、現代中国語の様々な方言を研究するのにも役に立っている。日本語の場合と違って、中国語の「方言」は意思疎通不可能なほどに互いに隔たったものが無数に存在している。しかし、中国語の古い姿が分かるからこそ現代の方言の多様性を秩序立てて把握することが出来るし、逆に、現代の方言の多様性が中国語の古形を明らかにする重要な手掛かりとなる。実は文雄も著作『磨光韻鏡』で、日本の漢字音として漢音・呉音を示すだけでなく、浙江省杭州の中国語方言――多少変形して理想化しているようだが――の漢字音を併記している。中国語の誇る時間的奥行きと空間的広がりは、表裏一体をなしているのである。『韻鏡』を抜きにして斯界の発展は語れない。

『韻鏡』で占いをしていた室町時代の人々は、勿論『韻鏡』の研究そのものも積み重ねてきたものの、まさかこの書物が現代の中国語学の発展を大きく後押ししようとは、思いもよらなかったに違いない。現代人には全く意外のものが、予想もつかない発展を将来に於いて引き起こすかもしれない。「われわれよりも上にあるものなど一切認めないから自由になれるのではなく、われわれよりも上にあるものを尊敬して、はじめて自由になれる」のであって、「そういうものを尊敬すれば、われわれ自身そこまで昇ってゆくことができるし、そういうものを承認してこそ、われわれ自身の内部にもより高いものがひそんでいて、そういうものと同等になる資格のあることが、明らかになる」のである。学術の継承は高い創造性を秘めた行為である。

■ 濱田氏プロフィール
東京大学大学院修了(文学博士)。現在、日本学術振興会特別研究員として京都大学で研究活動中。京都大学中国語学中国文学研究室(日本学術振興会特別研究員PD)。中国語の方言を現地調査する、古い中国語の姿を復元する、などの研究を行っている。言語学の理論を他の学問と比較することにも関心を持っている。


有斐斎弘道館は、皆川淇園に親しんでいただけるよう「淇園を読む」講座を行っています。
次回は、7月17日(日)、9月18日(日)に開催いたします。
どなたでもお気軽にご参加くださいませ。

講座の詳細はこちら

淇園コラム 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。