第9回 帯を知る/帯を楽しむ
テーマは 「◯」

無事終了致しました。ありがとうございました。

丸、円、玉、輪。様々に捉えられるこの形。帯の柄にも多く利用され、良く見られます。

帯の柄として自然にあるものを意匠化したり、他の美術品や芸術品をアレンジする。
そうして完成された紋様をどうぞご覧ください。

開催日2015年10月18日(日) 終了いたしました
時間開始:11:00 終了予定:16:00
参加費一般2,000円/学生1,000円(学生証をご呈示ください)
申込方法ウェブ、メール、電話にて開催日の5日前までにご予約ください。
会場有斐斎弘道館
住所〒602-8006 京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1
地図を表示

座談会 『図案 ~紋様の種~』

西陣織の工程のひとつ「図案」。
図案は、織物に文様を表す上で、スタートラインの工程だといえます。

今回は、図案家である戸梶宗廣氏をお迎えし、
実際に図案を描いていただきながらお話をお聞きします。

絵画と図案との違いを是非ご覧ください。
(11時~、14時~の2度行います。)

お申し込み

1 申し込み内容をご確認ください。

開催日:2015年10月18日(日)
開始時間:11:00 終了予定:16:00
参加費:一般2,000円/学生1,000円(学生証をご呈示ください)

終了いたしました。

次回の開催情報をご希望の方は、メールマガジンにご登録いただきますようお願いいたします。

■ メールマガジンの登録はこちら

メールアドレス