吉坊のゆらり咄
江戸時代の学問所で楽しむ落語の世界

テーマに沿った落語とトークが楽しい企画。落語や歌舞伎芝居は遠い昔の話ではありません。現代にも通じる社会問題、今も変わぬ人の生き様、考え方など、語りあいましょう。

呈茶:
テーマに合わせて特別につくられる菓子をお楽しみください

落語:桂吉坊「ツメ人情」
今回の落語は、落語作家 小佐田定雄先生が桂吉坊氏の為に書いた作品「ツメ人情」を上演いたします

トーク:桂吉坊・木ノ下裕一
落語「ツメ人情」と芝居「絵本太功記十段目」をテーマに桂吉坊とゲスト木ノ下裕一が語りつくします

開催日2017年7月1日(土) 終了いたしました
時間開始:18:30(18:00より呈茶) 終了予定:20:30(予定)
出演桂吉坊(落語家)
木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰)
参加費3,500円(茶菓子込み)
申込方法ウェブ、メール、電話にて開催日の5日前までにご予約ください。
会場有斐斎弘道館
住所〒602-8006 京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1
地図を表示
ちらしちらしのダウンロード

桂吉坊さんより、ひとこと

「お前らツメ人形見てると、自分の姿見るようで好きやねん」

お人好しやが腕がない。そんな人形遣い蛸助を、
師匠は歯がゆくも見守る。お節介な人形達の奮闘のかいあって、、、

大阪の御霊文楽座を舞台に、人形遣いの世界を垣間見る?一席をお楽しみください。

kichibouyurari

お申し込み

1 申し込み内容をご確認ください。

開催日:2017年7月1日(土)
開始時間:18:30(18:00より呈茶) 終了予定:20:30(予定)
参加費:3,500円(茶菓子込み)

終了いたしました。

次回の開催情報をご希望の方は、メールマガジンにご登録いただきますようお願いいたします。

■ メールマガジンの登録はこちら

メールアドレス