春分の弘道館

「日天の中を行て昼夜とうぶんの時なり」

春分の日は、昼夜の長さがほぼ同じになるとされています。
ソメイヨシノよりも一足早く、弘道館の桜は咲き始めました。

弘道館のお庭の苔も、この頃から徐々に色づき始める頃合いです。

日ごとに変わるお庭の様子を、ぜひお楽しみくださいませ。

IMG_0714

*弘道館の見学は随時受け付けております。
呈茶(薄茶)をご希望の方は、受け付けまたはご予約にてお申し付けくださいませ。

二十四節気 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。

関連記事