萩 の 露 / き ん と ん 製

 

 
     秋といへば空すむ月を契りおきて光まちとる萩の下露
 
     秋空に輝く月の光を待つように萩にしたたる露
     ここでは月と萩の下露が恋人同士にたとえられています。
     萩色に染めたいらこ、月に照らされた下露の錦玉を
     みどりのきんとんに散らしました。
     古来より歌人たちは露、月など秋の風物詩を萩に
     重ねて歌を詠みました。素朴とも言える萩の花に
     趣く様子は日本の心のひとつかもしれません。

弘道館のちいさな菓子展 

多くの方に有斐斎弘道館の活動を知っていただきたく思っております。
記事が面白かったら是非、シェアいただけると幸いです。

関連記事